企業法務

企業法務


債券回収

売掛金の支払いがない,取引先に倒産の噂がある,取引先が倒産した,支払いの猶予を頼まれている,など債権の回収に頭を悩ませているときは,ご相談下さい。 支払がない場合などは,弁護士が内容証明郵便を出すだけで解決することもあります 。 倒産した場合は,平常時とは異なり,破産法・民事再生法・会社更生法による規律を受けますので,法的知識が必要となります。支払いの猶予にしても,公正証書で作成するなど,工夫が必要となります。
 
労務問題

会社にとって労務問題は避けては通れない問題です。会社内で紛争が起きれば,社内の従業員の士気も低下し,経営に悪い影響を与えます。
会社にとって重要なのは,労働事件が起きることを未然に防ぐことです。そのためには, 適切な就業規則の作成,労働時間やノルマの見直し等を行い,紛争の予防法務を行う必要があります 。何より,良好な労働環境の会社は,従業員の士気も上がり,ひいては会社の評価・業績にも影響を与えます。従業員にとって働きやすい職場は,会社にとっても利益なのです。

契約書の作成

会社が活動するにおいて,契約の締結は常に行われます。 契約の締結において,よく検討せずに契約書を作成してしまうと,紛争が発生したときに思わぬ落とし穴にはまることがあります 。迷ったときは,専門家に相談すると良いでしょう。
 
会社規則の作成

就業規則は,会社にとっての憲法です。就業規則が法的に整備され,規則通りに運用されていなければ, 会社の行為が違法となったり,無効となったりすることもあります
 
顧問契約

当事務所の顧問契約の特徴
①複数担当制
当事務所では、全ての案件を複数の弁護士が担当いたします。
複数の弁護士が担当することにより、難易度の高い相談に対しても、迅速な対応が可能となります。
また複数の弁護士の法的見解をもとに検討を加えることができ、柔軟な法的判断を行うことができます。
 
②柔軟な顧問契約
基本契約にオプションを追加する形で、会社のニーズに応じて、顧問契約を行うことができます。
会社にどの程度の法律相談件数があるなどによって、オプションを追加・変更することができます。
 
③毎月更新制
従来は、顧問契約を1年毎の更新にすることが多く、会社にとって顧問契約がどの程度必要かの判断をしなければなりませんでした。  
当事務所では、最初の1年間は、1年契約とさせていただきますが、1年以降は、顧問契約を毎月更新とすることにより、会社にとって、顧問契約をフレキシブルに行うことが可能となります。
 
④対外的な信用
当事務所では、基本契約で、ホームページなどに弁護士名を掲載していただくことができるようにしています。
顧問弁護士を掲載していただくことにより対外的な信用の増加につながります。
 
⑤紛争の予防
当事務所では、顧問先の状況の把握を常に行うようにしています。会社のことを熟知してすることにより、スムーズな対応が可能になり、紛争を予防することが可能になります。
また、顧問弁護士がいることが対外的に分かることにより紛争を未然に防ぐ効果もあります。

企業法務

顧問料
・法人 基本契約月額3万円(税別)~
   オプション契約+2万円(税別)
 オプション契約+7万円(税別)
・個人事業主 月額3万円(税別)~
 
 顧問料は,会社の法律相談の度合いや,会社の業種,会社との関係によっても変動いたします。
 枚方みらい法律事務所は,顧問料について柔軟に対応していますので,ご相談下さい。
お問い合わせお問い合わせ

 
☎お電話はこちらへ
お問い合わせフォームはこちら